フッチェンロイター(Hutschenreuther)

1814年、創業者であるカルル・フッチェンロイターが
ドイツに絵付工房を設立したのが
フッチェンロイターの始まりです。

ドイツ南部バイエルン地方(ヴィッテルスバッハ家の王国)で
白磁の原料となるカオリンを発見し、ここに工房を開くも
すでに、ニュルンベルク王立窯が創業されており、

政府は王立窯のライバルとなり得る
民間企業の存在を認めようとはしませんでした。
バイエルン王に開窯の意志を、情熱をもって懇請し、
ようやく政府に認可されたのは8年後の1822年のことです。
創業以来、伝統を重んじ

「人間の手に勝る技術・機械は存在しない」
という信念を貫き
一つ一つ伝統的な職人の技を経てつくられます。
近代のテクノロジーも、熟練した職人の手にはかないません。

だからこそフッチェンロイターは洗練されたテーブルウェアとして
今日も世界中の人々に愛されています。

<バイエルン>
ワーグナーを庇護し「狂王」と呼ばれたルートヴィッヒや
フランツ・ヨーゼフ1世妃でバイエルンの薔薇と
呼ばれたエリザベートの故郷バイエルン王国の東半分です。