08−460
【商品名】 
  UltimaThule ウルティマツーレ 
ヴィンテージグラスセット

ピッチャーX1
オールドファッション グラスX6
iittalaイッタラ フィンランド
【価格】 \30000ーsold out
\31500−
(税込み)
【サイズcm】 グラス 口径8.4 高さ8.7
ピッチャー W13.5 H 20.5 D 19

1968年に発表された、ウルティマ・ツーレは
フィンランドで
最も成功したガラス・シリーズの一つです。

「ウルティマ・ツーレ」という古い言葉は
世界で最北の、過酷で、
最も崇拝されている地を意味します。

タピオ・ヴィルカラは北極の神秘性、
フィンランドの冬景色、ガラスのように透明な氷から
幻想的なインスピレーションを授かりました。
ガラス・デザインのクラッシックとして
その地位を確かにしてきました。

大きな氷でお気に入りのウイスキーを♪

こちらの商品は現代のレプリカ品ではなく
1960年代のオリジナルモデルです。


ヴィンテージグラスのため、個体によりわずかづつ
サイズ、形状に違いがありますが、

1960年代 デッドストック未使用 
オリジナルのお箱はありません
グッドコンディション ☆☆☆☆

戻る
タピオ・ヴィルカラ
タピオ・ヴィルカラ(1915-1985)は
フィンランド・デザイン界でも多才な天才として知られています。
彼はガラス製品から小切手のデザイン、実用的なグラフィックまで、手広く活動していました。
その活動的なキャリアの中で、多くの国際的な展示会に出品し、
1951年から1954年の間は
ヘルシンキ工芸学校の芸術科ディレクターも勤めました。